実は本屋なんですよ、ヴィレヴァンって!

書店イメージ

ブックファースト

ブックファーストBook1st.)は、阪急電鉄グループが運営する書店チェーンである。

2012年(平成24年)4月1日からは同名の株式会社ブックファーストBook1st.)が運営している。

歴史・概要

阪急構内書店としての創業

1996年(平成8年)3月24日に阪急電鉄直営の書店として同社の川西能勢口駅改札内に1号店となる店舗面積約30坪の川西店が開業したのが始まりである。

川西店の開業1週間後の同月31日には阪急電鉄西宮北口駅改札内に店舗面積約30坪の西宮店、同年12月11日には阪急電鉄梅田駅構内の2階にあるJR大阪駅連絡通路に店舗面積約53坪の梅田店を開店させており、開業初年度は阪急電鉄の駅構内に設置された一般的な規模の書店としてスタートした。

1997年(平成9年)12月1日に駅構内以外への初出店でかつ従来より少し大きめの店舗面積約130坪の大阪駅前店を同じ阪急グループのビルである新阪急ビル1階に開業させたものの、この段階でも阪急電鉄沿線のみへの展開であった。

首都圏への進出と大型書店の展開

1998年(平成10年)5月6日にJR神田駅東口へ店舗面積約240坪の神田駅前店を開業したのを皮切りに東京への進出を図り、翌月の6月11日には東京・渋谷の文化村通りの東急百貨店本店前に店舗面積約920坪の渋谷店を開業させるなど東京へは大型書店として進出する形となった。

この神田駅前店は開業時から東京では最も値引き率の高い5%を金券で顧客に割り戻すポイントカードを展開したため、当店周辺の競合する他の書店も同じ割引率のポイントカードを発行する5%ポイントカード戦争が展開されて近隣の書店の一部が廃業に追い込まれる状況を生み出した。

2000年(平成12年)3月17日には同じ阪急東宝グループの阪急百貨店グループが運営している神奈川県横浜市のショッピングセンターモザイクモール港北内に店舗面積約180坪のモザイクモール港北店を開業させて神奈川県への進出を図り、神田駅前店で展開されたポイントカードを問題視した神奈川県書店商業組合との間で2001年(平成13年)11月23日に協議が行われて青葉台店ではポイントカードを発行しないことを約束し、2002年(平成14年)3月1日に東急電鉄青葉台駅前の青葉台東急スクエアに店舗面積約530坪の青葉台店を開業するなどその後も大型店を中心に首都圏での店舗展開を進めた。

その後も神田駅前店ではポイントカードサービスを続けていたが、2004年(平成16年)春に取次週報に発表された『ポイントカードは再販違反』という告知を受けて同年9月30日を持ってポイントの付与を中止して再販制度と矛盾する事実上の値引きを止めることになった。

関西における駅周辺への展開の継続

首都圏で大型店を中心に出店するようになった後の2000年(平成12年)6月30日に京都市の京宝会館1階に店舗面積約364坪の大型店となる初代京都店を開業させたものの、同年4月1日に大阪の阿部野橋駅・天王寺駅前の地下街あべちかに店舗面積約100坪のあべちか店、同月14日に難波駅・日本橋駅前の地下街なんばウォークに店舗面積約60坪のなんばウォーク店、その翌日の15日に大阪駅前の地下街ホワイティうめだに店舗面積約60坪のコミックランド梅田店、同年11月15日に三国駅前のヴュール阪急三国1階に店舗面積約40坪の三国店、同年12月14日に阪急電鉄大宮駅に直結した大宮阪急ビル1階に店舗面積約90坪の四条大宮店と関西ではそれ程規模の大きくない店舗を駅周辺へ出店し続けた。

また、2001年(平成13年)6月11日に阪急電鉄豊中駅南改札前に開業した豊中店や2002年(平成14年)4月8日に阪急電鉄梅田駅2階の茶屋町口改札前に開業した茶屋町口店のような駅構内への店舗の展開も引き続き行われていた。

書店へ行こう!

首都圏での駅構内や駅ビルなどへの出店

青山ブックセンターの経営破たんを受けて同社の店舗後を引継いで2004年(平成16年)8月1日に東京のJR新宿駅ビルの新宿ルミネ1と2の2ヵ所に急遽同時に出店して開業初日に2店舗合計で400万円を売上げたのを皮切りに首都圏でも都心部の駅ビルへも出店をし始めた。

2003年(平成15年)12月8日に東急電鉄大井町駅に大井町店を出店し、2005年(平成17年)1月28日には東急電鉄二子玉川駅構内に二子玉川店を出店して1日平均80万円ペースの売上を上げたの を皮切りに首都圏の駅構内への出店拡大を目指したが、その構想が新聞に報道されたことを受けて同年5月18日に東京都書店商業組合が東京都に小売商業調整 特別措置法に基づく調査の申出書を提出したため、この構想は撤回に追い込まれ、同年6月15日に「事業拡大の計画は現在のところない」とする調査結果を東 京都が発表することになった。

駅構内への大量出店はこうした理由で断念に追い込まれたものの、同年6月13日に二子玉川駅と同じ東急グループの運営するクイーンズスクエア横浜のみなとみらい駅に直結するステーションコア地下3階にみなとみらい店を出店し、同年11月15日にJR大森駅ビルのアトレ大森へ出店するなど首都圏の駅に直結した商業施設への出店を進めていった。

大型店のスクラップアンドビルド

2004年(平成16年)4月26日に大阪の旗艦店として新阪急ビル内に店舗面積約530坪の梅田店を開店して大阪・京都・東京に大型書店を持つチェーンへと成長し、創業10期目の2006年(平成18年)には売上高約200億円に達して大手書店チェーンの一つとなった。

2006年(平成18年)1月末に京宝ビルの建て替えに伴い初代京都店を閉店したが、翌年2007年(平成19年)10月19日に阪急京都線河原町駅に直結した複合商業施設のコトクロス阪急河原町の核店舗として2代目京都店を開業し、建替えを目指すビルオーナーから立ち退き要求で2007年(平成19年)10月14日に首都圏の旗艦店だった渋谷店が閉店となったため、4日後の10月18日に渋谷駅前の渋谷第一勧銀ビル地下1~2階に渋谷文化村通り店を開店して渋谷地区の後継店舗とすると共に、2008年(平成20年)11月6日に東京・新宿のモード学園コクーンタワー内に首都圏の新たな旗艦店となる新宿店を開店するなど東西でビルの建て替えに伴う旧旗艦店の閉鎖と代替となる新たな旗艦店の出店を行うスクラップアンドビルドを結果的に行う形となった。

2010年(平成22年)3月15日から新宿店でポイントサービス開始して、神田駅前店で展開した後再販制度との兼ね合いなどから中止していたポイント付与を復活させることになった。

CD売事業の縮小

かつては同じ阪急リテールズが音楽映像ソフト専門店サウンドファーストを展開すると共に、当店でもCD売り場を持つ複合店を展開していたが、音楽や映像等のインターネット配信の広がりで売上が減少したため2011年(平成23年)6月末にサウンドファーストを全店閉鎖され、当店のCD売り場は営業を継続するもののサウンドファーストと共通だったポイントカードが廃止となるなど音楽映像ソフトの販売事業は大幅に縮小された。

経営母体の変更

1996年(平成8年)3月24日に阪急電鉄直営書店として1号店を開店し、その後も阪急電鉄の直営書店として営業していたが、2008年(平成20年)4月1日に他の流通事業と共に阪急電鉄から阪急リテールに移管された。

2012年(平成24年)4月1日には株式会社ブックファーストが阪急電鉄100%出資で設立して分社化し、書籍販売を行って来た阪急リテールズのブックファースト事業を引継いで、書店部門のみで独立した形での営業を開始した。

2012年12月21日、書籍流通大手のトーハンが阪急電鉄の所有するブックファーストの全株式を取得することに関する合意書に調印したと発表した 。

ここから一番近い本屋はどこだ?
鉾田市区は常に進化を遂げていく、それはあなたも同じように、不動産も同様に一つずつその本質を変革していく 。鉾田市 不動産では、今まで代わり映えの無かったあなたの人生を劇的に昇華させるだけの力を持って、あなたの暮らしに刺激をトッピングして差し上げましょう!人生何事も緩急あってそ、楽しめるもの 。平坦な人生に退屈しているあなた、そしてそんな退屈な人生を満喫している振りしているあなた、鉾田市 不動産でフレッシュな自分に生まれ変わりましょう!! 。

2013 DOMEIN.jp