実は本屋なんですよ、ヴィレヴァンって!

書店イメージ

青山ブックセンター

青山ブックセンター(あおやまブックセンター、略称ABC)は、ブックオフコーポレーション傘下のブラスメディアコーポレーション株式会社が東京都内に店舗展開する書店チェーンである。

東京・六本木で創業した老舗書店で、写真・デザイン・建築関連書を多く取り扱っており洋書も多い。 しかし絵画一般・彫刻関連書には余り力を入れておらず、また新刊書中心で少し昔に出版された書籍の在庫は少ないという面がある。

沿革

株式会社ボードのもと創業

もともとは、看板広告などを手掛けていた広告代理店の株式会社ボード(東京都品川区大井1-10-3 ボード大井町ビル7F 代表者磯貝栄治、設立1970年)により 1980年に六本木に1号店が設立され、1984年に広尾店、1992年に新宿店オープンとともに株式会社青山ブックセンターが組織され、グループ会社とともに運営されていた書店チェーンで、東京都内に合計7店舗があった。

一時はグループ全体で年商約40億円以上を売り上げていたが、消費低迷と競争激化に加え、店舗拡張費用が財務を圧迫し、2004年(平成16年)7月16日に、主帳合取次会社の栗田出版販売が株式会社ボードほか運営会社計3社に対して破産の債権者申立てをしたことから、突如、全店の営業を中止する事態となった。

デザイン、ファッション、写真、建築、広告といったビジュアル関連書籍雑誌が充実していたことと、ギャラリーやトークショーなどの実施により、書店 の枠を超えたカルチャーセンター的存在としてデザイン関係者などに支持されていたため、突然の閉店の知らせにファンの間に衝撃が走り、インターネット上に 嘆き悲しむ声が飛び交った。

日本洋書販売による再建

その後、2004年(平成16年)7月30日に運営会社3社と日本洋書販売(洋販)が民事再生の申立てを行い、破産手続を中止し、運営会社3社の株式80%を洋販に譲渡することとした。

洋販の支援で、同年9月29日に青山本店と六本木店が営業再開(広尾店は9月11日に流水書房として再出発)。さらに、約1年後の2005年(平成17年)9月には自由が丘への再出店と、関東地方以外では初めての店舗となる福岡店の新規出店、2006年(平成18年)11月にはHMV渋谷店の出店を行った。

2004年(平成16年)から2008年(平成20年)までは、洋販の子会社・洋販ブックサービス株式会社によって運営されていた。しかし、2008年(平成20年)7月31日に、親会社「日本洋書販売」が破産法に基づく破産手続の開始を申請したことから、同社の債務について連帯保証をしていた洋販ブックサービス株式会社は民事再生法に基づく再生手続の開始を申請する事態となった。これにより、店舗の営業は継続しながら、再建を図ることになった。

ブックオフコーポレーション傘下へ

新古書店チェーン「BOOK OFF」を運営するブックオフコーポレーションが、 再生のスポンサー企業として名乗りを上げ、同社の傘下で2度目の再建をすることとなった。2008年(平成20年)11月中に、ブックオフコーポレーショ ンの100%出資子会社として「青山ブックセンター株式会社」を新規に設立し、11月末を目途に、2億5000万円で青山ブックセンターと流水書房の事業を譲り受けた。
2012年(平成24年)4月1日に、同じくブックオフグループのブラスメディアコーポレーション株式会社が青山ブックセンター株式会社を吸収合併し、青山ブックセンターおよび流水書房の事業を承継した。

ブックオフコーポレーション

ブックオフコーポレーション株式会社は、中古本販売チェーン「ブックオフ」(BOOK OFF)を展開する企業。新古書店の草分け的存在で、業界最大手である。本社は神奈川県相模原市南区に所在。

ハードオフ(HARD OFF)やTSUTAYA(レンタルビデオチェーン)などのフランチャイジー(加盟店)でもある。子会社で新刊書店の青山ブックセンターも展開する。それまでの古本屋の形をうち破り、「新古書店」と呼ばれる新しい古本屋の形態を作り上げた。店内はコンビニエンスストアの様な照明にし、店舗面積を広めにとり、さらに商品の臭いを抜くための対策を施し、古本業界ではタブーであった立ち読みも可能にした。これが受け入れられ、チェーンが爆発的に全国へと広がった。

しかしながら、2007年ごろから店舗数拡大の飽和状態にあり、既存店前年比も落ち込みが見られている。設立当初は参入に消極的であったブックオフオンラインやイーブックオフなどのウェブ店舗も、現在は積極的に展開している。創業地である相模原市では本社ビル近隣の古淵駅前店の傍らで、近隣店舗の淵野辺駅前店と相模原陽光台店が相次いで閉店するなど、方向転換を図っている。

また、古本屋の店先などに従来よく書かれている「本買います」という言葉は、店員が客より上の立場から言っているという点から、店員が客より下の立 場からお願いする口調の「本お売りください」にした事が、成功の要因とも言われている。この「お売りください」というキャッチコピーは、創業当時にパートタイマーであった現会長の橋本真由美が2013年2月3日放送のがっちりマンデー!!で発言している。、現在では各地のブックオフとは無縁の古書店でも利用されている。しかし、顧客への訴求効果が薄れてきたため、2005年頃から店舗改装を機に、「お売りください」の看板を「買取センター」に順次変更している。

近年、インターネットの普及に伴いウェブからの買い取り(宅本便)サービスを広め、ブックオフの店舗に本を持っていかなくても済むようになった。

書店へ行こう!

店舗

現在の店舗

  • 青山本店(渋谷区神宮前)
  • 六本木店(2006年6月8日新装再開店)
  • 丸ビル店(2007年1月4日開店)
  • 成田空港店

かつて存在した店舗

同社内で看板付け替え
  • 広尾店 → 2004年9月11日に流水書房・広尾店(同じく洋販ブックサービスが経営=2008年7月31日倒産)→2010年9月で閉店し、同年10月2日より文教堂広尾店
他社に譲渡
  • 新宿店(新宿ルミネ1) → ブックファースト・ルミネ新宿1店(現・ルミネ新宿店)
  • 新宿ルミネ2店 → ブックファースト・ルミネ新宿2店(2011年11月末で閉店)
  • 旧・自由が丘店 → ブックファースト・自由が丘店
  • 橋本店 → 福家書店・橋本店
完全閉店
  • 福岡店(2007年7月31日閉店)
  • HMV渋谷店(2007年9月閉店)
  • 自由が丘店(2005年9月9日旧店舗とは別の場所に再出店、2009年3月31日再び閉店)
  • 六本木ヒルズ店(2011年6月30日閉店)
ここから一番近い本屋はどこだ?

2013 DOMEIN.jp